トップページ インテリアコーディネータースクールを徹底分析 > 町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー 町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミーには、もちろんインテリアコーディネーター資格試験受験対策講座があります。しかし、こちらのスクールの最大の魅力は、卒業した翌日からも実務に就くだけの即戦力を身につけることができるところです。資格取得を目的としたスクールではなく、インテリアコーディネーターそのものの養成スクールです。授業の出欠席や課題に対しては厳しく、特に課題の多さはインテリアスクールの中でも有名です。実際に多くの卒業生が資格の有無は別として、卒業後は住環境、インテリア関連の進路で活躍しています。ちなみに日本に「インテリアコーディネーター」という職業を生み出した人こそが、町田ひろ子先生(アカデミー校長)なのです。
スクールの所在地は東京(表参道)・名古屋・大阪・仙台・札幌・福岡です。

インテリアコーディネーターコース専門科

■ コース開催校 東京(表参道)・名古屋・大阪・仙台・札幌・福岡
■ 受講期間 2年間  週1回  ※9月スタートのコースも有り
■ 開講曜日 火・水・土・日  10:00~12:30 / 13:30~16:00
■ 受講料金 1年次: 577,500円(合計/税込)
2年次: 525,000円(合計/税込)
※1年次修了者は入学金免除  ※別途テキスト・画材代必要
■ 支払い方法 1括 ・ 2分割 ・ 4分割  ※その他学費ローン制度有り
■ 教育訓練給付金制度対象講座

講座内容

週1回、2年間の通学でプロを目指すコースで、仕事をしながら学びたい方に人気のコースです。
1年次の基礎課程では、インテリアの知識やコーディネーション技術の基本から始まり、専門性の高い知識と技術、プランニングからプレゼンテーションを学びます。2年次の研究課程では、より実践的なカリキュラムになり、企画から最終的なコーディネートまで、さまざまなケーススタディーを通じて実際の仕事と同じプロセスで学習します。基礎課程を修了した人には修了証書、研究過程まで修了した人には卒業証書が渡されます。

インテリアコーディネーターコース全日制

■ コース開催校 東京(表参道)
■ 受講期間 1年間  4月~翌3月・週5日
■ 開講曜日 月~金  9:30~16:30
■ 受講料金 150万円(合計/税込)  ※別途テキスト・画材代必要
■ 支払い方法 1括 ・ 2分割 ・ 4分割  ※その他学費ローン制度有り
■ 教育訓練給付金制度対象講座

講座内容

1年間でプロになるために必要な知識や技術がしっかり学べる集中コースです。基礎か知識から実践力まで、住宅のインテリアを中心に店舗デザインやカメラワーク・スタイリングも学びます。その他にも、インテリアコーディネーター資格対策講座とインテリアCAD講座もカリキュラムに含まれているので、プロに必要なスキルを総合的に身に付ける事が出来ます。

ガーデニングプランナー科

■ コース開催校 東京(表参道)
■ 受講期間 約1年間  5月~翌3月・週1回
■ 開講曜日   10:00~16:00
■ 受講料金 577,500円(合計/税込)  ※別途テキスト・画材代必要
■ 支払い方法 1括 ・ 2分割 ・ 4分割  ※その他学費ローン制度有り
■ 教育訓練給付金制度対象講座

講座内容

ガーデニングの種類や植栽の知識、色彩プランなど緑化計画の基礎から、庭園図面やパースの描き方まで丁寧に指導します。クライアントへの提案に必要なプレゼンテーションに加え、植え込みや石積みの体験授業など、現場を強く意識したカリキュラムで即戦力を育成。建築・インテリア・エクステリア・ガーデン・地域の自然条件といった知識を総合的に習得します。

インテリアコーディネーター1次資格試験対策講座

■ コース開催校 東京(表参道)・名古屋・大阪・仙台・札幌・福岡
■ 受講期間 6ヵ月  4~10月・週1回
■ 開講曜日  19:15~21:45 or  17:00~19:30
■ 受講料金 150,000円(合計/税込)
■ 支払い方法 1括
■ 教育訓練給付金制度対象講座

講座内容

週1回、模擬試験を含んだ全21回の6ヶ月集中講座で、IC資格の1次試験の合格を目指します。IC資格は独学で勉強するにはなかなか大変。当講座では、ポイントを効率よく押さえて授業を進めていきます。IC資格を取得するとインテリア業界への就職にも有利になります。

授業の特徴

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミーの授業は以下の3本柱で構成されています。
インテリアコーディネーター専門科ではインテリアコーディネーターに必要な実践力を習得します。なお、講師陣は町田校長をはじめ、全員現役でプロとして活躍しています。そのため、講師自らの仕事で体験した話や、今実際に携わっている現場でのハプニングなど、現実味のある話を生で聞けるチャンスです。

インテリアコーディネーション

■ 1年次(基礎課程)
色彩、インテリアエレメント、カラースキーム、インテリアイメージ、各室のコーディネーションを学ぶ。
■ 2年次(研究課程)
2年次には大きな課題が4つ与えられます。クライアントを想定し、実務と同じようにプレゼンテーションまで行います。

建築技術

■ 1年次(基礎課程)
ドローイングとドラフティング、建築材料と木構造について、室内環境と住宅設備を学ぶ。
■ 2年次(研究課程)
プランニング、建築構造(木構造・RC構造について)、製図、模型作成。

パースペクティブドローイング(パース)

■ 1年次(基礎課程)
1消点パースの描き方、2消点パースの描き方、アクソメの作図法を学ぶ。
■ 2年次(研究課程)
1消点パース〈上級編〉、2消点パース〈上級編〉、クイックパース、素材のテクスチャー表現。
使用するテキストはアカデミーオリジナルで、実務にも役立つものです。卒業後もたびたびこのテキストを見直すことがある、と多くの卒業生がお世話になっているようです。

サポート体制

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミーのサポート体制は、特に就職の局面で有力です。即戦力となる技術を習得した卒業生に対する評価は業界内でも高く、多くの求人が寄せられています。
事務局では就職面談などをはじめとし、丁寧な指導を行っています。例えば卒業してからも、在校生・卒業生のみ閲覧可能の求人情報にアクセスできます。アカデミーに寄せられた多くの求人情報をぜひ、活用して下さい。アカデミーには年月をかけて培ったノウハウと、業界内での幅広いネットワークがあります。アカデミーはフリーランスとして独立を希望する人も応援します。
逆に在学中はとても厳しいスクールだということを覚悟したほうがいいかもしれません。出席日数が足りなかったり、課題の提出を放棄したり遅れたりしたら、卒業が認められないこともあるほどです。課題の多さは業界でも有名で、就職の場においても「町田ひろ子アカデミー出たんだ~(大変だったでしょ?)」というニュアンスはあります。ついて来られないようなら落第!これくらいでメゲるようではICとしてやっていけない!というような厳しさ。だからこそ、卒業翌日から即戦力!と言えるのだと思うのですが。

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー卒業生の声

その1

「カラーやインテリアコーディネートといった基礎知識はもちろんですが、お客様に 自分の提案を伝えるプレゼンテーションに力を入れている学校です。この技能を身につけられたことは財産です。業界に卒業生が多いので人脈も広がりました。」

その2

「卒業してからは、モデルルームコーディネートの会社に就職しました。今の仕事でやることのほとんどが、学校の課題や授業でやったことばかりです。 卒業課題とほとんど同じ内容の仕事が来たときはびっくりしました!」

その3

「資格取得のための勉強だけでなく、実践で役立つ知識と技術を基礎から学べるカリキュラムが魅力的でした。そうして入学を決めたものの、実際はかなりハードで、グループ課題では意見がなかなかまとまらず、メンバーの家に泊まり込んで制作したこともありました。そうして真剣に取り組んだからこそ、それが大きな自信になっています。」

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る