トップページ 具体的な仕事-管理人編 > アフターフォロー-管理人の場合

アフターフォロー-管理人の場合

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

インテリアコーディネートやリフォームが無事に終了し、引き渡しをした後もアフターフォローでのお付き合いがあります。蛇口の水の出が悪くなったとか、壁紙のジョイント部分が気になるとか、追加でこういう家具が欲しいなどの要望は、主に個人のお客さんからです。アフターフォローは本当に大切です。

法人のお客様

アフターフォロー法人のお客さんからは「今3LDKで販売しているが、これを2LDKにしてくれたら買うというお客さんがいるけど、図面にしてもらえるか?」などの要望に対応しています。(工事の部分は施工会社が対応します)とにかく法人のお客さんの販売物件は、自分が関わった物件であれば売れるかどうかは私も気になってしまいます。やはり自分が手掛けたものはお客さんに満足してもらい、喜んでいただきたいですからね^^

いい仕事にはチームワーク!

以上は私のリフォームを主とした仕事の流れでしたが、インテリアコーディネーターは他にもインテリアスタイリスト、デコレーターと言われる、装飾やディスプレイを主に担当する人、インテリア・家具を主に販売する人、キッチンやお風呂、トイレなどの設備機器専門の人、CADで図面を主に描くのが仕事という人、というふうにさまざまな領域で活動しています。

こういった方々と連携してチームワークを発揮しリフォームやインテリアコーディネートがうまくいったときの喜びはなんともいえません。

rank_007.gif【人気インテリアコーディネータースクール無料資料請求ランキング】
「まずは無料資料請求ではじめの一歩」
1.gif ユーキャン 通信講座人気NO.1 教材到着後も返品OK!
2.gif HIPS 資格試験の合格実績は25年連続NO.1!!
3.gif 町田ひろ子アカデミー 圧倒的な就職率の高さに定評アリ!

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る