トップページ ステップアップするには? > インテリアコーディネーターとしてステップアップするためには?

インテリアコーディネーターとしてステップアップするためには?

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

インテリアコーディネーター資格を取得した後はダブルライセンス、トリプルライセンスに挑戦するのが理想的です。
インテリアコーディネーターという資格の性質上、どうしても広く浅い知識に限定されます。照明についてもカラーについてもカバーしているとはいえ、専門家としてもう少し掘り下げた知識を身につけておきたいものです。

インテリアコーディネーター関連資格マトリクス表

比較的取得しやすい資格は?

照明コンサルタントカラーコーディネーターキッチンスペシャリストなどの資格は、インテリアコーディネーター資格の内容と重複する部分もあり、また、難易度もそれほど高くはないため、余裕があればインテリアコーディネーターと併せて勉強しても良いでしょう。特に照明メーカーに就職する場合は照明コンサルタント、キッチンショールームに勤務する場合はキッチンスペシャリストなど、インテリアコーディネーター資格に加えて取扱商品の専門資格を取得しておくことは業務上でもプラスになります。

難易度は高いが大幅にキャリアアップできる二級建築士

一方、二級建築士インテリアプランナーは難易度が高く、インテリアコーディネーター資格ともだいぶ性質が異なるため、それ単独での勉強がかなり必要になってきます。受験資格で実務経験年数が問われるため、これらの資格はインテリアコーディネーター資格を得て、実務経験を積みながら必要に応じて挑戦すると良いでしょう。特にこれらの資格はインテリアコーディネーター資格で必要とされた製図画法などとは比べ物にならないほど大変です。試験では何時間も掛けて課題図書となる図面を仕上げることが要求されます。筆記試験は独学でも、製図試験に関しては多くの人が専門学校などで訓練を受けることが多いようです。

rank_007.gif【人気インテリアコーディネータースクール無料資料請求ランキング】
「まずは無料資料請求ではじめの一歩」
1.gif ユーキャン 通信講座人気NO.1 教材到着後も返品OK!
2.gif HIPS 資格試験の合格実績は25年連続NO.1!!
3.gif 町田ひろ子アカデミー 圧倒的な就職率の高さに定評アリ!

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る