トップページ 資格試験について > インテリアコーディネーターの免除制度と資格登録

インテリアコーディネーターの免除制度と資格登録

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

インテリアコーディネーター免除制度

免除制度・インテリアコーディネーターの試験は、一次試験に合格し二次試験で不合格になった場合、翌年度から3年間、一次試験を免除するシステムがあります。また、一次試験の2科目のうち1科目を合格した場合も、翌年度から3年間、合格科目の受験が免除されます。
・インテリアコーディネーター有資格者であれば、「商業施設士」の資格を取得する際、試験で“商業一般”項目が免除となる優遇制度があります。
・「インテリアプランナー」の有資格登録者は、インテリアコーディネーターの試験を受ける際、一次試験の『インテリア基礎科目』が免除されます。

インテリアコーディネーター資格の登録

資格登録晴れてインテリアコーディネーターの試験に合格した後は、登録の手続きに移ります(登録料13,650円)。手続きが完了すると正式にインテリア産業協会認定のインテリアコーディネーターとして登録され、証書が交付されます。
ちなみに、インテリアコーディネーターの資格登録は5年ごとに更新する必要があります。登録継続を希望する人は、協会の指示する研修等を受講し、更新手数料を納付して再度手続きを行います。ただし無事登録ができたとしても、インテリアコーディネーターとして著しく信用を欠くような行為をした人に関しては、協会側が登録を抹消することもあります。

rank_007.gif【人気インテリアコーディネータースクール無料資料請求ランキング】
「まずは無料資料請求ではじめの一歩」
1.gif ユーキャン 通信講座人気NO.1 教材到着後も返品OK!
2.gif HIPS 資格試験の合格実績は25年連続NO.1!!
3.gif 町田ひろ子アカデミー 圧倒的な就職率の高さに定評アリ!

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る