トップページ インテリアコーディネーターを目指す! > インテリアコーディネーターとインテリアデザイナーの違い

インテリアコーディネーターとインテリアデザイナーの違い

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

インテリア関係の仕事に、インテリアデザイナーという職業があります。簡単に言うと、インテリアデザイナーは住空間というよりも商業空間を多く手掛けています。この点においてインテリアコーディネーターが住空間を主に手掛けていることと異なります。ただし、インテリアコーディネーターでも商業空間のコーディネートに携わること自体珍しくはありません。

商業空間と住空間

商業空間と住空間商業空間においては機能性や耐久性というよりもデザイン性、パっと目を引くこと、人々の記憶や印象に残ること、話題性があることなどが求められるように思います。それも店舗や飲食店といった商業施設の性質によるところが大きいからだと思われます。
反対に住宅に関しては、常に流行や真新しいデザイン性が求められるというわけではありません。むしろ、その空間の中で長時間過ごしても心身ともにゆっくりできること、落ち着けること、何年そこで過ごしても飽きが来ないことなどが求められるのです。飲食店やショップなどの商業空間は滞在時間が住宅とは比較にならないほど短いため、思い切ったデザインや派手な色使いもできます。しかし同じことを住宅でやってしまうと、長時間過ごしているうちに「疲れる」、「落ち着かない」といった空間に感じられてしまいます。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターは
提案内容が大きく違う

このように商業空間と住空間ではその性質が異なるため、インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの仕事は似ていても、提案内容は大きく異なってきます。また、インテリアデザイナーというのは自分のデザインというものがまずあって、それを気に入った顧客が受け入れるという場面も多いのですが、その一方、インテリアコーディネーターは顧客の要望がまずあって、その要望をできるだけかなえられるように調整するという立場を取ります。

rank_007.gif【人気インテリアコーディネータースクール無料資料請求ランキング】
「まずは無料資料請求ではじめの一歩」
1.gif ユーキャン 通信講座人気NO.1 教材到着後も返品OK!
2.gif HIPS 資格試験の合格実績は25年連続NO.1!!
3.gif 町田ひろ子アカデミー 圧倒的な就職率の高さに定評アリ!

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る