トップページ 就職先について > 家具メーカー、設備・建材メーカー、システムキッチン販売店

家具メーカー、設備・建材メーカー、システムキッチン販売店

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

インテリアコーディネーターがインテリアメーカーや販売店、設備・顕在メーカーでどのような仕事をするのか説明させていただきます。

インテリアメーカー・販売店

インテリアメーカー・販売店インテリアメーカー、雑貨店、デパートの家具売り場などでインテリア相談係として働きます。消費者のインテリアに対する興味が強くなってきた昨今、大型家具店にはインテリア相談の専門ブースなどが置かれるようになり、インテリアコーディネーターの活躍の場もどんどん増えてきています。また、ホームセンターのDIYコーナーなどにもインテリアコーディネーターが勤務する場合もあります。これらの就職先は、住宅メーカーやリフォーム会社、建築・デザイン事務所などと比較すると、入り口は広い職場と言えます。しかし、インテリアコーディネーターの有資格者だからといって即就業できるわけではありません。接客や販売力、持ち前のセンスが重要になります。

設備・建材メーカー

設備・建材メーカー設備メーカー … お風呂、トイレ、キッチン、給湯器などを取り扱う
建材メーカー … 壁紙、床材、建具(ドア、扉)などを取り扱う
照明メーカー … 照明器具を専門に取り扱う
ファブリックメーカー … カーテンや椅子の張り地(座面や背面の椅子用の厚手の生地)などのファブリック製品を取り扱う
ウィンドウトリートメント(窓装飾)メーカー … ファブリックを含めることもできるが、他にもブラインドやロールスクリーンなどを取り扱う


これらのメーカーショールームでは商品の実物が展示され、それらの商品に関する豊富な知識を備えたインテリアコーディネーターやアドバイザーが接客します。接客の対象となるのはエンドユーザーの顧客である場合もあれば、建築士や施工業者、設備屋など業界人の場合もあります。顧客のトータルインテリアコーディネートを担当するインテリアコーディネーターなどは、全てに関わるために一つ一つのメーカー商品の詳細までは当然知識が及びません。キッチンであればキッチンのショールーム、カーテンであればカーテンのショールームに足を運んで、ショールーム勤務のインテリアコーディネーターに、より詳しい商品説明を求めることもあります。

ショールームに勤務するインテリアコーディネーターは、自社製品に関する知識はもちろんのこと、インテリアコーディネーター資格とあわせて取扱商品と関わる資格を取得するのが理想的です。すなわちキッチンであればキッチンスペシャリスト、照明であれば照明コンサルタントといった具合です。これについては関連資格の章でも後述しますが、インテリアコーディネーターからその商品に特化してもう一歩踏み込んだ専門資格があるのです。

rank_007.gif【人気インテリアコーディネータースクール無料資料請求ランキング】
「まずは無料資料請求ではじめの一歩」
1.gif ユーキャン 通信講座人気NO.1 教材到着後も返品OK!
2.gif HIPS 資格試験の合格実績は25年連続NO.1!!
3.gif 町田ひろ子アカデミー 圧倒的な就職率の高さに定評アリ!

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る