トップページ 就職先について > 不動産会社、住宅展示場・ショールーム、建築・デザイン事務所

不動産会社、住宅展示場・ショールーム、建築・デザイン事務所

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

インテリアコーディネーターが動産会社や住宅展示場・ショールーム、建築・デザイン事務所でどのような仕事をするのか説明させていただきます。

不動産会社・ディベロッパー・ゼネコン

モデルルーム会社が扱っている一戸建てやマンションのモデルルームのインテリアコーディネート・相談係を担当します。その他、建築前の設計プロジェクトに参加することもあります。会社に専任、常駐のインテリアコーディネーターに依頼するほか、随時必要に応じてフリーランスなどの外注インテリアコーディネーターを起用することも多いようです。

マンションディベロッパーなどの場合は、分譲マンションの契約をした顧客に対して様々な付加的サービス業務を行っています。分譲マンションは新築の場合、建物が実際に完成する前に図面だけで契約されます。まだ実物は建築途中なので、希望住戸に限り、有償で間取りの細かい変更などを受け付けるのです。それを業界では「設計変更」と言います。その時にリフォームや建築の知識、経験のあるインテリアコーディネーターが担当することになります。

また、契約した顧客に対してインテリア販売会を何度か開催し、そこで顧客がカーテンやバルコニータイル、エアコン、照明器具などをまとめて購入できるように手配します。ディベロッパーのインテリアコーディネーターはこのような場を仕切ることもあるようです。

住宅展示場・ショールーム

住宅展示場・ショールーム家を建てることが決定し、住宅メーカーと契約を結んだ顧客に対するインテリア部分のアドバイスをします。設備機器(お風呂やキッチンなど)、内装、外壁などの色や材料を打ち合わせして決定していきます。他にも家具や照明器具、カーテンについて適切な物を提案します。家具は置き家具ばかりではなく、顧客の収納計画などに合わせて個別にデザインし、造作する場合も少なくありません。また、アイアン手摺やステンドグラスなどのデザインを、インテリアコーディネーターが担当することもあります。

住宅メーカーには通常、標準設定品というものがあります。標準設定品は住宅メーカーが集中購買することで顧客に格安で提供でき、住宅メーカー側の利益率も良いのです。基本的にはそれが提案のベースになりますが、それ以外の選択肢も必要に応じて説明します。標準設定品とそれ以外の選択の幅などは、住宅メーカーによって多少異なります。ある程度自由に何でも選べるところもあれば、標準設定品が絶対的で、それ以外のオプションがほとんど認められないところもあります。

建築・デザイン事務所

住宅展示場・ショールーム建築事務所では住宅の設計を建築士が、インテリアプランをインテリアコーディネーターが手がけます。デザイン事務所では、造作家具やオーダー家具の設計(デザイン)や、モデルルームのコーディネート、住宅や店舗のコーディネートなど、デザイン性の高い物や空間を手掛けています。

一般的にデザイン事務所に必要とされる最低スキルとして特筆すべきは、「イラストレーター」「フォトショップ」「ベクターワークス」(CADソフト)の3ソフトが使えることです。もちろんこの限りではないですが、求人欄の条件に多く見られます。さらにウィンドウズではなく、マッキントッシュ限定という場合も時々見かけます。それにインテリアコーディネーター資格試験の有無は問われないことが多いように思われます。

デザイン事務所ではどちらかというとインテリアコーディネーターというよりも、インテリアデザイナー的な要素が求められるからでしょう。募集年齢についてもインテリアコーディネーターの一般募集年齢(45歳くらいまで、など)よりかなり低く、20代後半や30代前半までなどが多いようです。残業も多めのためか、未婚に限定していることも多いようです。

rank_007.gif【人気インテリアコーディネータースクール無料資料請求ランキング】
「まずは無料資料請求ではじめの一歩」
1.gif ユーキャン 通信講座人気NO.1 教材到着後も返品OK!
2.gif HIPS 資格試験の合格実績は25年連続NO.1!!
3.gif 町田ひろ子アカデミー 圧倒的な就職率の高さに定評アリ!

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る