トップページ 就職先について > リフォームコーディネート-一戸建て編

リフォームコーディネート-一戸建て編

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

1.ヒアリング

インテリアコーディネーター今までの施工事例の写真を参考にしながら、現在の暮らしぶりと将来の生活をふまえた希望イメージを家族全員からヒアリングします。現状どんな部分に不満を抱いているのか、(収納、キッチン、間取りなど)どこを改善させたいのかポイントをしぼって聞くとプランが立てやすくなります。特にお年寄りが同居されている場合は、高齢者向けの配慮など細かいところまで話をつめていきましょう。
(※一番下の「配慮ポイント」参照)


2.現場調査

施工業者とともに現場調査に立会います。実際にお客さまのご自宅を拝見し、希望通りのリフォームが可能かどうかを調査します。設計上の問題、建ぺい率・容積率などをチェックし、法律的に問題ないかも確認します。


3.プランニング(仮)

新築とは違って、建物の老朽化、安全性の見直し、高齢者のためのバリアフリー化などを重視し、予算との兼ね合いを考慮しながらプランニングします。立体図で室内を表したパースや間取りの図面を描き、お客様の希望に合ったインテリアプランを落とし込んでいきます。時間があればインテリアプランボードを作成します。キッチン・バスルーム・トイレのショールームやバリアフリー住宅のモデルルームへ足を運び資料を収集します。最後に概算見積もりを出し、プレゼンテーションに備えます。


4.プレゼンテーション

仮プラン、見積もりの説明。お客様と相談を重ねて本格的なプランを決定していきます。


5.ショールーム同行

キッチン、バスルーム、トイレなどをお客さまに実際見てもらうため、ショールームへ同行。お客様の要望にあった製品を選びます。詳細な見積もりを出し、最終的な完成予想図を図面化。お客様と決定した商品を入れ込んだプレゼンボードを作成します。


6.プレゼンテーション(決定)

仮プラン、見積もりの説明。お客様と相談を重ねて本格的なプランを決定していきます。


7.契約

すべての商品と設計プランが決定したら、いよいよ契約です。併せて工事の打ち合わせと、請負契約も行い、施工スケジュールを確認します。


8.着工

施工業者と日程の打ち合わせをし、工事開始。近隣の方々へ事前に挨拶するなどの配慮も忘れずに。工事中は頻繁に施工業者とコンタクトを取り、工程を管理します。


9.完成

すべての工事が終わったら、完成引渡しに立会います。設備品の保証書やメンテナンスの仕方などを説明し、受け渡し終了。


10.アフターフォロー

お客様が快適に過ごされているかどうか連絡を入れ、設備品の不良などないか確認します。

高齢者の方への配慮ポイント

高齢者の方への配慮【居間・寝室】
■床の段差をなくす。
■夜中にトイレに行くときのために足元を明るくするフットライトを設置。
■暗い所での行動が取りにくくなるので、電気スイッチは見やすい発光式のものを選ぶ。
■階段の上り下りが困難になるので、1階に部屋を作るなど間取りの工夫も。
■手足が冷えやすくなるので床暖房など、冷え性対策を考える。
■布団の上げ下ろしが苦痛になるので、収納にも工夫を施す。
【浴室・トイレ】
■足腰が弱くなりバランスもとりにくくなるので手すりの設置が必要。
■浴室には滑り止めを設置。
■寒暖の差が思わぬ事故に繋がる場合も。トイレや脱衣所・浴室にも暖房設備を設置。
■車椅子を使うお年寄りのためにトイレは十分なスペースを確保。
【キッチン】
■火事ややけどの危険性の少ないIHクッキングヒーターにするか、タイマー式のコンロへの変更。
■母親ひとりの同居の場合、肩身の狭い思いをさせないよう専用キッチンを設けるなど、心理的な面にも気を配る。

rank_007.gif【人気インテリアコーディネータースクール無料資料請求ランキング】
「まずは無料資料請求ではじめの一歩」
1.gif ユーキャン 通信講座人気NO.1 教材到着後も返品OK!
2.gif HIPS 資格試験の合格実績は25年連続NO.1!!
3.gif 町田ひろ子アカデミー 圧倒的な就職率の高さに定評アリ!

▼同一カテゴリの記事を読む

ページの先頭へ戻る