トップページ 具体的な仕事-一般編

具体的な仕事-一般編一覧

このページをソーシャルブックマークに登録する →  ブックマークに追加する

インテリアコーディネーターの仕事は、大きく分けて5つの工程があります。 お客様のインテリアに関する希望や条件を把握するための『ヒアリング』、お客様の要望を形にしていく『プランニング』、住宅計画の具体的な提案をする『プレゼンテーション』、契約、商品の発注と納入のスケジュール確認、納品時の配置確認などを行う『契約と商品発注・納品』、お客様が快適に過ごされているかどうかを伺う『アフターフォロー』。  これらの工程の細かい内容を追っていきたいと思います。


インテリア

ヒアリング

お客様のライフスタイルや将来設計、好み、要望、予算的な条件などを細かく聞き出します。

プランニング

お客様のリクエストをまとめ、具体的なインテリアプランを立てていきます。

プレゼンテーション

インテリアプランボード、図面、模型などを使いながら、お客様へプランを説明します。

契約と商品発注・納品

インテリア・商品が決まったら、契約作業に移ります。

アフターフォロー

自分が担当したお客様に、なにか不具合が生じていないか確認することも大切です。
 

ページの先頭へ戻る